NEWS

オリジナルユニフォーム製作着用事例
「キャボットジャパン株式会社」

2018/12/11

ブランドに対する意識と誇りを纏う、世界に一つのユニフォーム

「与えられたもの」から「自ら選択するもの」へ。 会社の進化と哲学をユニフォームで発信する。

 

新ユニフォームの採用はいわば、1つの変革だった。 「社員には、世界のキャボットの一員であるというブランドに対する意識と誇りを持ってほしい」そう語る山梨社長のユニフォームにあしらわれたコーポレートカラーが光る。そしてデザインだけでなく、さらなる機能性をも兼ね備えたユニフォームは、会社の進化をそのまま形にしたものでもあった。「トップダウンで決めるパターンが多い中、ああでもないこうでもないとユニフォームを作るのは珍しいかもしれません。でも、その時間の意義と価値を強く感じました。社員がこのユニフォームを着用している姿を見ると誇りを感じ、自ずと身も引き締まります。」

 

 

会社のプライドを持って働く、世界に一つのユニフォーム。

 

キャボットジャパン株式会社様 / カラーにこだわったユニフォーム誕生

[VOICE] お客様のホンネ


Q. ユニフォームを変えて率直なご感想をお聞かせください。


  • 自分が投票したデザインに決定して嬉しかったです。
  • いたるポイントにキャボットカラーが入ってるので、袖を通すたびに気が引き締まります。(男性社員)
  • 仕事上、汚れは避けられないのですが、汚れが目立たず丈夫。(男性社員)
  • 今まで事務スタッフは着用していなかったユニフォームですが、同じものを身につけることによって、役職や職種を超えた会社としてのチーム感が強まった気がします。(女性社員)
  • すごくおしゃれになりました。名前がパッと分かるところも、仕事をする上でとても助かっています。(男性社員)

 

キャボットジャパン株式会社さまのオリジナルユニフォーム製作着用事例をまとめた広報誌「Wear the Pride」を発刊いたしました。ご用命の際はお気軽にお申し込み下さい。

 

 

 

キャボットジャパン株式会社さまホームページ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る