ローディング

みどり産業株式会社

一般廃棄物・産業廃棄物収集運搬及び中間処分業

CASE #75

従業員の結束力と安全性を高める新ユニフォーム

CASE #75
みどり産業株式会社
CASE

導入事例のご紹介

PROFILE

津根 頼行 さま

代表取締役社長

「共に成長し、一体感を持つユニフォーム」
新しいユニフォームを導入する上で、「自分が選ぶのではなく、みんなに選んでもらいたい」と考え、デザインは従業員の多数決で決めました。新しいユニフォームは今までの作業服のイメージから正装の印象が強くなったと感じております。これを着用することで自分たちがみどり産業の一員であることを誇りに思えるのです。オリジナルユニフォームの導入は廃棄物業界においても大きな意味を持ち、同業他社からの注目も集めると考えます。私たちは同業他社をライバルではなく、仲間として共に業界を発展させていくことを目指しており、人手不足や経営の課題においても積極的な解決策を模索しております。みどり産業はこれからも広い視野を持ち続け、人々の幸福と発展の為、貢献してまいります。

みどり産業株式会社の画像
みどり産業株式会社の画像

千葉県市原市に本社を構えるみどり産業株式会社は1976年に創立。事業は産業廃棄物・一般廃棄物の収集運搬及び、中間処分を行っている。代表を務める津根氏は、自身の変化と成長が周りの人々や会社にも影響を与えると考え、日々挑戦を続けている。その姿勢が従業員にも伝播し、一人ひとりが考え、行動できる企業へと成長している。
今回、従業員の結束力をより高めていく為に、統一感を出せるオリジナルユニフォームを導入した。新しいユニフォームは、ネイビーをメインカラーに採用することで清潔感のある印象を与える。デザインはテーラードジャケットタイプを採用。前面には再帰反射するパイピングを配置。胸の左右には隠しファスナーポケット、ウエスト左右にはシームポケットを配置し、フォーマルな見た目と、収納力に優れたジャケットが完成した。パンツはカーゴパンツタイプのデザインを採用。膝の両側には再帰反射テープを配置し、安全性を考慮したデザインとなった。
新しいユニフォームで心機一転したみどり産業株式会社は、これからも地球で暮らす全ての生物が安心して暮らすことができる環境を守り続ける。

PRODUCT

ユニフォーム詳細

みどり産業株式会社のユニフォーム

【ジャケット】 フォーマルな場所でも着用できる見た目に、ワークウェアとして必要な機能と安全性を取り入れたユニフォームが完成しました。

  • みどり産業株式会社のユニフォーム
    POINT 01

    後ろ襟下刺繍部分

  • みどり産業株式会社のユニフォーム
    POINT 02

    隠しファスナーポケット部分

みどり産業株式会社のユニフォーム

【パンツ】 パンツもジャケットと同生地を採用。ヒップポケットなど細部にコーポレートカラーのグリーンを入れ、オリジナリティを高めています。

  • みどり産業株式会社のユニフォーム
    POINT 01

    ヒップポケット

  • みどり産業株式会社のユニフォーム
    POINT 02

    右太腿ツールポケット

COMPANY
みどり産業株式会社

みどり産業株式会社


WEAR THE PRIDE Vol.70